続けやすさをチェック!

画像

立地・営業時間は?

ダイエットを成功させるためには、まず続けやすい環境かが大きなポイントです。自宅で行うダイエットと違い、外出し別の場所へ移動しなければならない場合、行くこと自体が苦にならないようにしなければいけません。

仮に駅から徒歩10分のアクセスと、駅ビル直結のジムならどちらが行きやすいでしょうか。すなわち、会社や最寄り駅、自宅といった毎日過ごす場所から近いところを選択すると通いやすいです。天気も重要で、アクセスが遠ければ遠いほどおっくうになりますので屋根があり濡れずに行けるパターンも続けやすいポイントのひとつです。

営業時間も大切です。例えば会社のそばにあるスポーツクラブが、仕事が終わる前に営業を終了してしまう場合は通うことはできません。逆に最寄り駅から少々遠いけれど24時間営業しており、残業後でも通える・・・となれば行きやすいかもしれません。もしくは、駅ビル内にあるスポーツクラブが24時間営業なら立地・営業時間ともに満足のいくクラブといえます。利用者の生活環境や仕事のサイクルなどそれぞれ通いやすい点は微妙に異なりますので、じっくり検討されることをおすすめします。

モチベーション維持のしくみは?

ダイエットは自分ひとりで行うことが多く、孤独な戦いになりがちです。ある意味自分との戦いですが、自分以外にセーブしてくれたり声をかけてくれる相手がいないためにどうしても自分自信に甘くなったりモチベーション自体が下がったりと、自分に打ち勝つのは並大抵の意志がなければ難しいものです。

それでは、どのようにすればダイエットが続くのでしょうか。ポイントのひとつに複数人で同じ目標に向かって行う方法が挙げられます。ある研究結果によると、6ヶ月の間、一人で行ったパターンより複数人で行った場合のほうが、減量に10もの差があったという報告もあるほど効果的だと考えられます。それは同じ目標を持っていることで励ましあえたり、減量の結果を他人に知らせることで、ほどよいプレッシャーを自分のみならず周囲にも与えることがよい刺激になると考えられるからです。

自分の意志が弱い、という自覚のある人はグループでのダイエットでモチベーションを維持する方法を試してみてはいかがでしょうか。

返金保証のあるジムを選ぼう

せっかく高額な料金を支払って通っているのに、結果がでなければモチベーションが上がるものも上がりません。ましてや「絶対痩せます」「短期集中で○キロ減は当たり前」などの宣伝文句を信じて入会したのならなおさらです。一生懸命頑張っているにも関わらず、ダイエットの方法と相性が合わなくて痩せられずお金も飛んでいった・・・そんな悲しいパターンにならないよう、いざという時に返金保証制度のあるジムを選択するのも手です。

大手はもちろんのことジムが独自のメソッドを謳っている場合、自信をもって行っているからこそ返金保証をしてくれるところは多いです。ただ、結果が出なかった期間はジムが独自に判断するため、どれだけの間でトレーニングを行い、結果が出なかったら返金に応じてくれるかを入会時にしっかりチェックしておくことが肝心です。食事管理もトレーニング内容に入っている場合はトレーナーの指導通りに行っていたか、またトレーニングをキャンセルした場合は何回休んだか、なども返金の判断材料になるため、「要求されることは全力で行ったが結局だめだった」という不可抗力的な理由が証明されることが必要です。

TOPへ戻る